住宅ローン

住宅ローン

住宅ローン、購入金額が高額ということもあり、多くの人がローンを組むことが多いようです。
よく「どこの銀行の住宅ローン?」というような話もよく聞きます。
「固定?変動?」というような話題も雑誌などで見かけます。

 

気になるのは、住宅ローンを組んでいる人がどのような状況なのか?ということです。
そもそも住宅ローンってどのくらいの割合の人が組んでいるものなのでしょうか?
住居目的に購入する住宅について、2000万円〜5000万円の価格帯であれば現金購入の割合は2〜3%だそうです。
一般サラリーマンの購入する住宅はこのあたりの価格帯が一番多いようです。
6000万円を超える住宅になると逆に現金購入の割合が高くなるとか。
富裕層が購入の中心になるからでしょう。

 

住宅ローンを組む前に頭金はよく最低でも2割準備しておいた方がいいというようなことを聞きますが、これはごもっともな意見です。
売る側はどうにかして売りたいので頭金ゼロでも購入可能というようなことを言いますが、かなり無謀な話。
引っ越し代、新しく購入するものもありますし、税金関係など何かとお金が必要です。
預金すべてを使うわけにもいきませんからね。
親からの贈与についても甘えられるのであれば甘えた方が後々楽ですよ。

 

多くの人は長期のローンということになりますので、できれば固定を選びたいものです。
もし、10年以内の完済が可能であれば、変動も場合によってはいいのかもしれません。
繰り上げ返済は早い時期ほど効果が高いので早めに行いましょう。